ザイザルで花粉からガードする!

ザイザルで花粉からガードしようとする男性

ザイザルはアレルギー反応から起こる鼻づまりやくしゃみなどを治すお薬です。また花粉症のお薬として幅広く使われています。また副作用として眠気などありますが他のお薬よりザイザルは比較的副作用が軽いのが特徴です。

ザイザルのジェネリック薬品はあるの?

ザイザルのジェネリック薬品について考える女性

ザイザルのジェネリック医薬品は存在していますが、日本では取り扱われていない医薬品になりますので、求めるのであれば個人輸入代行業者から購入するしかありません。ジェネリック医薬品の特徴は、ザイザルであれば同じ成分が配合されていることから同じ効果を期待することができます。ザイザルと同じ医薬品であるのに、価格が安くなるのがジェネリック医薬品の特徴です。クリニックでザイザルの処方を受けた経験がある人であれば、個人輸入で購入しても良いでしょう。花粉症は辛い症状であり、市販の医薬品を購入して服用してもなかなか改善することができないことも多いです。クリニックにいって処方を受けるのも面倒に感じる人も居て、そのような人が診察を受けないで個人輸入を利用しようとすることも多いです。しかしそのような方法は間違っていますので、まずは診察を受けてザイザルを服用し、効き目と副作用の有無を確認してからジェネリック医薬品を購入するようにしましょう。市販で売られていない医薬品というのは、それだけ効果が強いことで知られています。そのような医薬品を医師の診察がないまま服用するのはリスクしかありません。非常に危険な服用方法になります。ザイザルは抗ヒスタミン剤であり、前の医薬品のデメリットであった眠気を改善することに成功した医薬品ですが、それでも副作用として眠気を感じる人も多い強い医薬品になっています。服用方法を間違えて、車の運転や仕事をすると思わぬトラブルに巻き込まれることも考えられます。必要なのは医師の管理下による服用です。最初は診察を受けてザイザルの安全性を確認してから、利便性の高い個人輸入のジェネリック医薬品を購入することをおすすめします。

アトピー持ちにはザイザル服用は大丈夫?

アトピー持ちで悩む男性

花粉症の治療に用いられるザイザル。効果が高いうえに比較的副作用も少ないので、利用している人はたくさんいます。ただ体質によっては副作用がひどくなる場合もあり、なかなか使用に踏み切ることができないという人もいるでしょう。特にアトピー性皮膚炎を患っている人は、薬との相性を気にして利用をためらう人が多いかもしれません。そもそもザイザルは花粉症だけに用いる薬ではありません。さまざまなアレルギー疾患の治療にも広く利用されています。じつはアトピーを患っている人の中には、かゆみ止めとしてザイザルを利用している人も多いのです。ですから基本的にはアトピー性皮膚炎の人が、ザイザルを服用しても特に問題が起きることはありません。ただしザイザルは、あくまでもかゆみ止めとしての役割を果たすものです。この薬を服用してかゆみが治まったからといっても、アトピーが根本的に治ったというものではないのです。もちろんアトピーの肌をかきむしって、より状態を悪化させるのを防いでくれるのはいいことなのですが、それだけでは十分ではありません。かゆみ止めの薬で状態が沈静化している間に、きちんとしたアトピーのケアをしておくことが重要になるのです。肌の保湿につとめ、食生活を改善するなどの地道な取り組みが必要です。なおザイザルは皮膚科などの医療機関で処方してもらうのが一般的ですが、最近はインターネット上の薬の通販サイトを通じても購入することができます。このような通販サイトを利用すれば、わざわざ医療機関まで行かなくても薬を手に入れられるので非常に便利ですが、服用により身体に悪影響がでてしまった場合は自己責任になりますので、その点については注意しておきましょう。

ザイザルの副作用を対策する方法

ザイザルの副作用でめまいを起こす男性

ザイザルは、イギリスの製薬メーカーGlaxoSmithKlineが提供している抗ヒスタミン薬です。具体的な作用と効果は、ヒスタミンH1受容体の拮抗作用により、アレルギー由来の症状を改善するというもので、蕁麻疹や皮膚炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療に使用されています。ちなみに、花粉症の治療薬としては効果が強い部類に入るので、症状があらわれてから服用しても充分に効果を発揮します。なお、ザイザルはこの様に効き目が強いということで、大人でも1日に2錠を上限としており、7歳未満の子供の服用は禁止されています。基本的な飲み方は、大人は就寝前に1錠なのに対して、子供は朝食後と就寝前に半分ずつ2回に分けて服用するという内容となります。また、注意することは、飲み忘れたからといって分量以上を服用しないということで、薬と薬を飲む期間を充分にあけなくてはなりません。例えば、就寝前に飲むのを忘れて夜中に起きて服用するのなら構いませんが、次の日の正午近くになってから飲んではいけません。何故なら、その日の夜と合わせて2回になってしまうからです。この様に注意が必要なのは、副作用を避けるということも目的としています。具体的な副作用は、眠気、吐き気や食欲不振、めまいなどです。また、稀に呼吸困難や血圧の低下、じんましん等も報告されています。この内で最も多いのが眠気で、これへの対策は考えなくてはなりません。具体的には、服用した状態での車の運転や高所での作業、危険を伴う機械の操作などは控えるのが賢明です。ちなみに、ザイザルは医療機関での処方のみで、国内では市販薬は提供されていません。このために、担当の医師の指示に従い、使用するのが最適です。