ザイザルで花粉からガードしようとする男性

ザイザルはアレルギー反応から起こる鼻づまりやくしゃみなどを治すお薬です。また花粉症のお薬として幅広く使われています。また副作用として眠気などありますが他のお薬よりザイザルは比較的副作用が軽いのが特徴です。

ドッグフードにも含まれることがあるザイザルの副作用

近年驚くべき研究結果が発表され、世間を騒がせたことは多くの人々にとって記憶に新しいでしょう。
それは、犬も人間と同様に花粉症に苦しめられるということです。
こうした研究結果を受けて、ドッグフードの製造販売を手掛けているメーカーにおいては、ドッグフードの中に抗ヒスタミン剤を混ぜ合わせた新製品を発表するといった動きが加速しています。
そして、人間にとって花粉症のために行う対応策と言えば、ザイザルなどの薬を服用することです。
ザイザルに限った話ではないのですが、この手の薬というのは副作用として眠くなってしまうというイメージがあります。
しかも、眠気の感じ方というのはザイザルという同じ薬剤を服用した場合でも、個々により異なるので初めて使用する際などは注意が必要です。
そして、あまり認知されていない副作用の情報として、ザイザルなどの抗ヒスタミン剤を服用することにより、体重が増加する可能性があるということです。
体重が増加する理由というのは明確になっており、薬剤の作用により満腹中枢に対して刺激が与えられなくなることが関係していると言われています。
また、成長ホルモンによって脂肪の燃焼が阻害されてしまうことも理由として挙げられます。
さらに、抗ヒスタミン薬というのは第一世代と第二世代に分かれているということも服用する際には知っておくと良いです。
第一世代というのは、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑制するのに対して、第二世代はヒスタミン自体を発生させないことに注力します。
加えて、挙げられる違いとして眠気という副作用をほぼ取り除くことに成功したのが、第二世代であるとも言われています。
つまり、効果は弱めではあるものの予防という観点で好ましいのは、第2世代ということになります。